動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違い

アミノ酸の組成が違う

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いはアミノ酸の組織が違いますが、実際にはそれほど大きな差があるわけではなく、どちらが優れているということもありません。

ですから動物性たんぱく質と植物性たんぱく質どちらを摂取したほうが筋肉がつきやすいとかそれほど差はないと言えます。ですが、筋肉を鍛えて強く大きくしたいという気持ちが強いのであれば肉類を食べるのがベストです。筋肉と同じものを食べたほうが私たちの筋肉と同じアミノ酸が含まれているからです。

吸収速度が違う

ホエイプロテインとソイプロテインで違うのは吸収速度です。ホエイが筋トレでよく使われる理由はこの吸収速度であり、吸収速度が早ければそれだけ筋肉への栄養補給が早くなるため筋トレの効果が最大限に出るとされています。

一方大豆から精製されたソイプロテインは吸収が遅いためホエイと比べると筋トレの効果の実感に差が出るはずです。

ただしこれらは使い方の違いで効果が最大になります。ソイプロテインと同様に乳製品から精製するカゼインプロテインも吸収が遅いプロテインですが、これらは長時間たんぱく質が摂取できないときに飲むとゆっくり時間をかけて少しずつ体に吸収されますから長時間の栄養補充としては効果が高いです。特に就寝前の摂取は強く推奨されます。